借金が癖になる怖さ

12179506 - bright picture of pensive woman with credit card

1年前くらいまでは日常的に借金してしまう事に対して罪悪感を感じた事はありませんでした。

最初は軽い気持ちでカードに携帯されている、キャッシングシステムを利用して1万円、2万円とすぐに返済できる金額の借金をしていたので、余計に怖さもありませんでした。

1万円~2万円と言うのは生活費の工面の為にキャッシャングをしていました。
そのうち、友人とランチやディナーへ行きたいから、服が欲しいからとキャッシングを重ねるようになりました。

金額も5万~10万と多額になる事もありましたし、返済も仕方も一括払いから分割払いらリボ払いになりました。
そうなると当然、利息が発生する事になりますが、利息の事などを気にせずにキャッシングを繰り返していると、いつしか、贅沢をする為にキャッシングを繰り替えしている事に気が付きました。

一番最初にキャッシングをしようと思った時には、本当に生活費が足りなく、1万円さえられば食材を買う事が出来るという理由で借金をしましたが、気がつけばキャッシングをする事が日常で癖になっている事が分かりました。

今までもキャッシングをした時の明細を改めて出してきて見直すと、金利だけでも相当になっていましたし、借金をしている頻度はまるで銀行から自分のお金を下ろすような感じで借りていたのです。

その事に気分で早く気が付けたので、借金できない金額ではなかったので、必死で返済をして、もう繰り返さない様にしましたが、自分でもいつの間についてしまった癖や、習慣が恐ろしくなりました。