借金の消滅時効とは?

借金にも時効があることをご存知ですか?

民法第167条1項に「債権は、10年間行使しないときは、消滅する」とあり、個人からの借金の場合、10年で消滅時効が成立します。
また、商法第522条「商行為によって生じた債権は、この法律に別段の定めがある場合を除き、5年間行使しないときは、時効によって消滅する」とあり、銀行や消費者金融などの法人からの借金の場合は、5年で消滅時効が成立します。

では、時効の始まりは、いつからなのでしょうか?

時効が始まる日を起算日と言いますが、この起算日は債務者が弁済をすべき日、つまり借金の返済期日・返済予定日を指します。
弁済すべき日が決まっていない場合は、借金をした日からになります。

しかし、その起算日から1度でも返済をすれば時効はリセットされ、返済した日から新たに時効がスタートします。
また、返済をしていなくても、相手側から内容証明郵便などで返済を迫られたり、裁判の判決が出たり、財産を差し押さえられたりしても時効はリセットされます。

時効は、時効期間が過ぎただけでは認められません。

民法第145条に「時効は、当事者が援用しなければ、裁判所がこれによって裁判をすることができない」と定められています。
つまり、債務者側から「消滅時効が完成しているので、援用します」ということを相手側に内容証明郵便などで伝えなければ、時効は確定しないということです。